銀行

1/3ページ

ドイツ、銀行で暗号通貨の保管および販売を許可か

2020年にもドイツの銀行で直接、ビットコインなど暗号通貨の販売やカストディ(保管)業務が開始される。ドイツの現地メディアHandelsblattが報じた。 報道によると、ドイツで暗号通貨を従来の資産と同様に金融機関が保管することを認める法案が提出されたという。すでにドイツ連邦議会を通過し、各州の承認を待っている状態で、来年にも施行される予定だ。 法案では、これまでに必要とされていたサードパーティ […]

米グーグルが銀行口座サービスを計画

検索エンジン大手グーグルが米金融大手シティグループなどと提携して当座預金口座サービスの提供を計画している。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。 「キャッシュ(Cache)」と呼ばれる当座預金口座サービスの開始は来年を予定。シティグループの他にスタンフォード大学の信用組合が協力する。消費者、銀行、小売店に対して価値を提供することが狙いだという。 また、預金口座サービスで集めた個人情報を販売する […]

「暗号通貨ビットコインは2020年に9万ドル」ドイツ州営銀行が予想

ドイツの州営銀行「BayernLB」が公表した最新のレポートで、ビットコイン(BTC)価格の大躍進を試算した。現在の市場価格には来年半減期が織り込まれていない理由と、その重要性を金の適正価格算出メカニズムを用いて解説した。 ゴールド(金)の価格では、流通量と採掘量から適正価格を算出する「stock-to-flow比率」が市場に意識されているが、ビットコインにも適用できるメカニズムであると指摘した。 […]

みずほの「Jコイン」システムに不正アクセス、犯人は暗号通貨ビットコインを要求

みずほフィナンシャルグループは4日、デジタル通貨「Jコイン」のシステムが不正アクセスされたと発表した。日本経済新聞の報道によれば、不正アクセスしたハッカーは、暗号通貨ビットコインを要求する文言を残していた。 みずほの発表によれば、Jコインの加盟店管理のテスト用システムが何者かに不正アクセスされた。これにより、加盟店の法人名、代表者名、担当者名、連絡先などの情報約1万8400件が流出した。Jコインの […]

大手銀行HSBC、ブロックチェーン上で初の人民元建て信用状取引を完了

HSBCはCorda上のVoltronを利用してブロックチェーン上で、初の人民元(中国の法定通貨)建ての信用状取引を実施した。 Voltronは、R3社の手がけるエンタープライズ向けブロックチェーンであるCordaに構築された、貿易決済を円滑化するための手段である信用状(L/C)取引用のプラットフォームである。 信用状取引は、貿易における決済を円滑にするための方法であるが、現在は紙ベースの運用が行 […]

送金大国フィリピンの銀行が独自暗号通貨を発行

フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行したことが、地元メディアの報道で明らかになった。 ブロックチェーンを活用した取引を行うのは、フィリピンの銀行では初めてだという。PHXは同国の法定通貨ペソにペッグされ、UnionBankの予備金で価値の裏付けがされる。同行は、金融のデジタル化を支持するフィリピン中央銀行からサポートを受け、同国政府とも連携をとっている。 U […]

暗号通貨ビットコインの”スイス銀行口座化”を止める、米財務省長官が発言

米財務省の長官Steven Mnuchin氏は、ビットコインやその他の暗号通貨が「スイスの匿名銀行口座」にようにならないよう、厳格な規制が必要不可欠だと主張した。 米CNBCの番組取材に応じたMnuchin長官は、資金洗浄問題を取り上げ、「ビットコインの利用が金融システムを脅かすスイス銀行の匿名口座のようになることを阻止することは我々の役目だ。」と、ビットコインなどの暗号通貨に対する規制方針を明か […]

日米欧の大手銀行が共同で暗号通貨を発行か

日本、米国、ヨーロッパの主要な銀行が共同で、ブロックチェーン技術をベースとした電子通貨の発行に関する構想が持ち上がっていると、日本経済新聞が報じた。 仲介業者を減じることで、国際送金にかかる取引手数料の削減や即時送金を可能にすることが、電子通貨発行の目的だという。 このプロジェクトには、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)や三井住友銀行、世界最大規模の金融コングロマリット「クレディ・スイ […]

楽天ウォレット、暗号通貨取引所の新規口座登録を開始

楽天ウォレット株式会社は15日、暗号通貨取引サービス「楽天ウォレット」に係る新規口座開設を開始した。楽天銀行利用ユーザーには口座開設の簡略プロセスが適応、一般利用者の交換所利用率普及に繋がる動きとなる。 楽天ウォレットは先月25日、日本の大手企業19社が出資するディーカレットとともに金融庁に暗号通貨交換業者として登録された。 暗号通貨取引サービスは6月より開始予定。顧客からの預かり資産は、オフライ […]

三菱UFJ「coin」を2019年内に実利用へ

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)は、開発を進めるデジタル通貨「coin=MUFGコイン」を2019年後半に実装する方針であることがわかった。4月1日付で新たな社長に就任した三毛兼承氏が朝日新聞への取材に対して明かした。 デジタル通貨「coin」は、三菱UFJが実用化に向けて開発を進めてきたデジタル通貨で、暗号通貨の根幹技術でもあるブロックチェーンを利用し、1coin=1円の価値を持つこ […]

1 3