取引所

1/7ページ

韓国暗号通貨取引所Upbit、ハッキング被害を公式発表

韓国の大手暗号通貨Upbitが、ハッキング被害にあっていたことを公式に発表した。Upbitが、公式ホームページで被害に関する状況説明と対応について報告した。 流出したのはホットウォレットに保管していたイーサリアム342,000ETH、約580億ウォン(約53億円)相当だ。 同社の発表によれば、日本時間午後1時に未確認のウォレットに342,000ETHが送金された。 ウォレットのアドレスは「0xa0 […]

シンガポール、暗号通貨デリバティブを解禁

シンガポールの金融通貨庁(MAS)が、ライセンスを有するデリバティブ取引所で、暗号通貨のデリバティブ取引を解禁する規制案を発表した。 証券先物法のデリバティブ規制対象に暗号通貨を組み込むことで、シンガポール取引所(SGX)やその他の認可取引所で暗号通貨のデリバティブ取引が可能になる。 MASの発表によれば、ビットコインやイーサリアムなどの「ペイメントトークン」のデリバティブが対象となる。規制案を公 […]

消えた暗号通貨がロシア諜報機関の資金源に、ビットコインなど480億円相当

ロシアの仮想通貨取引所『WEX』から消えた約480億円分の価値に及ぶ暗号通貨がロシアの諜報機関FSBに送られた可能性が浮上している。BBCロシアが報じた。 暗号通貨取引所BTC-eの共同設立者Alexander Vinnik氏が、過去六年間に約480億円分のビットコインを盗んだとして、詐欺およびマネーロンダリングを行った容疑でカザフスタンの捜査当局に起訴されていた。喪失した資産の一部に該当する20 […]

香港金融庁が取引所のライセンスルール発表

日本の金融庁に相当する香港証券先物委員会(SFC)は、取引所(取引プラットフォームも)やカストディ企業を含む暗号通貨関連事業のライセンスに関するルールを公表した。 ルールでは、有価証券に該当しない暗号通貨と、それに当たるセキュリティトークンの取り扱いによってライセンスの付与制度を定めている。セキュリティトークンに該当するかどうかは、取引所側が個別銘柄において、SFCに相談する必要があると説明してい […]

コインチェック、暗号通貨ステラの取扱い開始

暗号通貨取引所コインチェックは11月1日、新たに「Stellar Lumens(XLM)」の取扱い開始を発表した。 取扱いの開始後は、WEB版のCoincheckとアプリの最新版にて入出金・売買が可能となる予定だ。 取扱開始日は2019年11月12日 12時頃を予定する。 日本の新規銘柄の追加は、コムサ(COMSA)が追加された17年12月4日以来、22ヶ月ぶりの追加となる。 上場ケースでは、20 […]

暗号通貨取引所バイナンス、中国市場のP2P取引を解禁

暗号通貨取引所バイナンスは29日、バイナンスコイン(BNB)の中国でのP2P取引を開始したと明らかにした。 バイナンスは今月、中国人民元とビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、テザー(USDT)の3通貨でP2P取引をすでに開始している。

米SEC、BitwiseのビットコインETFを非承認

Bitwiseが申請していたビットコインETFがSEC(証券取引委員会)に拒否された。暗号通貨市場関係者が待望するビットコインETFの最後の希望が打ち砕かれることになった。 Bitwiseは1月28日にビットコインETFを申請。今月13日が最終期限となっていた。Bitwiseの担当者は、今週、暗号通貨市場が規制面などで2年前と違うと強調し、「ビットコインETF承認はこれまでになく近い」と自信を見せ […]

ジョン・マカフィー氏、ついに暗号通貨取引所を立ち上げる

2020年に米大統領選への出馬を表明しているジョン・マカフィー氏は7日、イーサリアム系分散型取引所(DEX)のベータ版をローンチした。 「マカフィーDEX」と呼ばれる分散型取引所は、同氏が5日までに新しいプラットフォームだとして明らかにしていた。 マカフィーDEXはKYCを行わず、管轄権などをブロックしない。ベータ版ではERC-20規格のトークンであれば無料で追加できる。将来はさらにトークンを増や […]

バイナンス、暗号通貨保有で資産を増やす「ステーキングサービス」を立ち上げへ

暗号通貨取引所バイナンスは26日、ステーキングプラットフォームの開始を発表した。 サポートするのはネオ(NEO)、オントロジー(ONT)、ヴィチェーン(VET), ステラ(XLM), コモド(KMD), アルゴランド(ALGO), クアンタム(QTUM)、ストラティス(STRAT)の8種類。 ステーキングは該当の暗号通貨を保有することで、保有量に応じて報酬が与えられるサービス。 ステーキング報酬配 […]

バイナンス、テゾス(XTZ)を新規上場

世界最大手暗号通貨取引所バイナンスが、暗号通貨テゾス(XTZ)の上場を発表した。 トレードの開始は日本時間の9月24日20時からで、取扱ペアは、ビットコイン(BTC)建て、テザー(USDT)建て、バイナンスコイン(BNB)建ての3種類。現在、XTZの入金受付は開始している。 また、テゾスの上場発表を行なったバイナンスCEOのCZ氏は、次に実装するサービスにステーキングサービスが上がる可能性を示唆し […]

1 7