リップル

1/3ページ

「リブラは2022年末までに立ち上がらない」リップルCEOが予測

リップル社CEOのGarlinghouse氏は米Fortune誌の取材で、「暗号通貨リブラは2022末でもローンチされないだろう」と予想した。 先日、フェイスブック社CEOザッカーバーグ氏やリブラの責任者は各国の規制懸念が高まる中でも、2020年中に発行する予定を明確にした。 Garlinghouse氏は、規制当局からの懸念や不信は「根本的な問題」として、「リブラは2022年末になっても稼働してい […]

暗号通貨で電子マネーチャージ ディーカレットが新機能を公開

暗号通貨取引所ディーカレットは21日、暗号通貨の電子マネーチャージ交換サービスの開始を発表した。暗号通貨をモバイル内で電子マネーに交換し、店舗での決済に利用できるようになる。 ユーザーはディーカレットアプリからauウォレット、楽天Edy、nanacoを選び、チャージ額を入力することでチャージできる。チャージに使える暗号通貨はビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル […]

リップル社CEO、リブラ懸念による規制当局の暗号通貨統制を不安視

リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOは、フェイスブックのリブラのせいで暗号通貨業界に対する規制が強化されることを懸念している。25日付のフォーチュンが報じた。 最近、トランプ大統領やムニューシン財務長官、米議会やG7が相次いでリブラや暗号通貨を警戒する発言をしている。ガーリングハウスCEOは、「この激しいやりとりに巻き込まれないことが大事だ」と指摘。「規制当局が我々を一括りにして質問をするこ […]

ビットポイント、流出した暗号通貨は現物補償か

7月12日に暗号通貨の不正流出が判明したビットポイントジャパンについて、その親会社であるリミックスポイントが調査の進捗状況の第二報を発表した。 第一報で約35億円としていた被害額について、約30.2億円相当であることが判明。内訳は顧客からの預り分が約20.6億円で、ビットポイントジャパン保有分が約9.6億円であることがわかった(換算レートは2019年7月11日16時時点の価格)。 今回の続報のポイ […]

国内大手DMMビットコイン、暗号通貨リップル(XRP)上場を発表

暗号通貨取引所DMMビットコインは10日、リップル(XRP)の取り扱いを開始すると発表した。同日10日の午後6時から現物取引で開始する。レバレッジ取引についてはすでに始めている。 取引所が取り扱いを拡大する一方で、XRPは依然低調だ。今年4,5月ごろからの急騰もあり、今年1月に比べると、7月までにビットコインなどは200%を超える上昇を続けるが、XRPはわずか20%ほどに止まっている。時価総額トッ […]

暗号通貨XRPのマネロンを阻止 リップル社が資金洗浄対策ツールを活用へ

米リップル社がマネーロンダリング阻止を目的に、英国のテック系企業Coinfirmとコンプライアンス技術の活用における提携を締結していたことを大手メディアForbesが報じた。規制順守を重要視するリップル社が、新たに暗号通貨XRPの資金洗浄目的での利用を防ぐツールを活用していくこととなる。 XRPを利用する送金ソリューションxRapidの普及にも影響する可能性も考えられる事例だ。 Coinfirm社 […]

リップル社がブラジルに新支社設立

Ripple社がラテンアメリカへの事業拡大を目的として、ブラジルのサンパウロに新支社を設立することが、コインテレグラフ・ブラジルの報道により6月10日明らかになった。公式発表は今月11日から13日の3日間(日本時間6月11日9:00PM-14日)サンパウロにて開催されるフィンテック系のイベント「CIAB Febraban」で行われる予定である。 今回新支社のトップを務めるのは、グローバルに保証ソリ […]

10億円分の暗号通貨XRPがハッキング被害

暗号通貨ウォレットサービスであるゲートハブ(GateHub)で100近くのXRPのレジャーウォレットがハッキングされた。ゲートハブが6月6日に発表した。コミュニティーメンバーからは、2320万XRP(約10億円)が盗まれたという声も出ている。 ゲートハブは当初は不法な活動を特定できなかったものの、少数のIPアドレスから何度もAPIアクセスがあったことを発見。暗号化されたキーが不当にアクセスされた可 […]

リップルなど大手暗号通貨企業35社、業界内の自主規制に向け協力

世界の主要暗号通貨取引企業らが、悪質な取引相手のブラックリスト作成を検討している。ブルームバーグが5月8日に報じた。 米シカゴで開催された会議で、DRWホールディングスの暗号通貨部門カンバーランドや暗号通貨投資銀行のGalaxy Digital、リップルなど暗号通貨関連企業35社が参加するグループが、契約の不履行や疑わしい取引に関与した当事者らのブラックリストの作成を提案した。 同会議では、アジア […]

韓国最大手暗号通貨取引所Bithumbにハッキング被害?

韓国No.2の大手暗号通貨取引所Bithumb(ビッサム)が29日にハッキング被害を受け、ホットウォレットから300万EOS(約14億円)と、2000万XRP(約6億9千万円)を盗まれたことが、米暗号通貨ファンド「Primitive」の共同創設者であるDovey Wan氏によって報告された。 Wan氏は、Bithumbのセキュリティ監査をしている企業から確認を取ったという。Bithumbは昨年6月 […]

1 3