ビットコインキャッシュ

1/2ページ

ロジャー・バー、暗号通貨ビットコインキャッシュを無料配布

ビットコイン伝道師とも呼ばれたBitcoin.comのロジャー・バー氏は、自分のフェイスブックの友達全員に5ドル相当のBCHを配る(ギブアウェイ)キャンペーンを実施すると発表した。ビットコインキャッシュは大きく価格が高騰し、受け取ったBCHの価値はいずれ5,000ドル相当になるとした。つまり、ここから1000倍もの価格上昇があると予測した。 また、全てのユーザーにも、申請したユーザーに対して1ドル […]

世界初のSIMカード暗号通貨ウォレット

海外ウォレット企業Telxは、世界初のSIMカード版暗号通貨ウォレットを発表した。 このSIMカードは世界180ヶ国以上に対応しており、日本も対象国に入る。 通常、SIMを携帯電話に挿入した上でアクティベートすることで、電話やインターネットの機能が利用できるが、TelxのSIMでは暗号通貨のウォレット機能も利用が可能になる。 同ウォレットでは、暗号通貨の送受信アドレスが電話番号で、従来アドレスの役 […]

暗号通貨で電子マネーチャージ ディーカレットが新機能を公開

暗号通貨取引所ディーカレットは21日、暗号通貨の電子マネーチャージ交換サービスの開始を発表した。暗号通貨をモバイル内で電子マネーに交換し、店舗での決済に利用できるようになる。 ユーザーはディーカレットアプリからauウォレット、楽天Edy、nanacoを選び、チャージ額を入力することでチャージできる。チャージに使える暗号通貨はビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル […]

ビットポイント、流出した暗号通貨は現物補償か

7月12日に暗号通貨の不正流出が判明したビットポイントジャパンについて、その親会社であるリミックスポイントが調査の進捗状況の第二報を発表した。 第一報で約35億円としていた被害額について、約30.2億円相当であることが判明。内訳は顧客からの預り分が約20.6億円で、ビットポイントジャパン保有分が約9.6億円であることがわかった(換算レートは2019年7月11日16時時点の価格)。 今回の続報のポイ […]

米スターバックスやサーティワンアイスクリームなど、暗号通貨ライトコインで支払い可能に

暗号通貨決済アプリを提供するFlexa社が、同社の決済アプリ「SPEDN」の対応通貨に、ライトコインを追加したことが明らかになった。7週間前に米国でスタートしたFlexa社のネットワーク上で利用できる暗号通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ジェミニドルに続き、ライトコインで計5銘柄となる。 利用店舗数が多い新たな暗号通貨ペイメントアプリなだけに、ライトコインの重要な採用事例 […]

暗号通貨ビットコインキャッシュに51%攻撃

先日のビットコインキャッシュABCのアップグレードで、不正取引を修正するため、51%攻撃を実施していたことが判明。不正取引は無効となった。ただ一部からは中央集権性に対する疑問の声も。 暗号通貨ビットコインキャッシュ(BCH)に2つのマイナーが51%攻撃を行った。暗号通貨ポッドキャスト「クリプトエコノミー」のホストであるガイ・スワン氏が24日にツイートした。51%攻撃が行われた日はビットコインキャッ […]

暗号通貨取引所「SBIVC」がビットコインキャッシュ(BCH)を取扱い廃止

国内暗号通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ SBIVC」は16日、ビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いの廃止を決定した。 SBIVCの公式発表によると、具体的な廃止スケジュールの詳細は4月下旬に予定、予定廃止日時は6月下旬を予定している。 なお、上場廃止の理由としては、「BCHの時価総額が大幅に減少」や「ブロックチェーンの安全性に疑義が生じていると判断」、「ハードフォークが行われ、価格が […]

バイナンス公式ウォレット、クレジットカード対応とXRP追加を発表

出来高1位を誇る大手暗号通貨取引所バイナンスの公式ウォレット「Trust Wallet」が、クレジットカードの暗号通貨購入と暗号通貨XRPの追加対応することが発表された。ビットコインなど主要5銘柄をクレジットカードで購入することが可能になるほか、17銘柄が保管可能となった。 Trust Walletは、2018年7月に暗号通貨取引所バイナンスにより買収されており、今年の第一四半期(米換算の第2四半 […]

暗号通貨が再び急落

暗号通貨市場は20日、再び急落に見舞われた。ビットコイン(BTC)は5000ドルを割り込んだほか、時価総額上位の主要な暗号通貨も軒並み下落。一部には20%下落する通貨もあった。ビットコインキャッシュの分裂による不透明感がなお払拭できない中で、売りが膨らんだものとみられる。 今回の分裂騒動で問題化したPoWプロトコルの非中央集権化への疑問が影響し、一時はPoW通貨ビットコインやイーサリアム、ライトコ […]

スイスで来週にも世界初の暗号通貨ETP取引開始へ

暗号通貨ETP(上場投資商品)が、スイスの証券取引所SIXで発売されます。現物資産をカストディで保管する暗号通貨ETPが、ティッカー「HODL」として、来週から取引されることになります。17日にファイナンシャルタイムズが報じました。 クリプトのスタートアップAmun AGが、伝統的な証券取引所でインデックスファンドを発売します。Amun社CEOのHany Rashwan氏は以下のように述べています […]