韓国暗号通貨取引所Upbit、ハッキング被害を公式発表

韓国暗号通貨取引所Upbit、ハッキング被害を公式発表

韓国の大手暗号通貨Upbitが、ハッキング被害にあっていたことを公式に発表した。Upbitが、公式ホームページで被害に関する状況説明と対応について報告した。
流出したのはホットウォレットに保管していたイーサリアム342,000ETH、約580億ウォン(約53億円)相当だ。

同社の発表によれば、日本時間午後1時に未確認のウォレットに342,000ETHが送金された。

ウォレットのアドレスは「0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029」だ。

Upbitは、流出した資金については、顧客に対する補償を行うとしている。またホットウォレットに保管していた暗号通貨はすべてコールドウォレットに移転済という。

また、ほかの暗号通貨についても大量の移動が確認されていたが、これらの取引はUpbit側がホットウォレットにあった暗号通貨をコールドウォレットに移動させるためのものだったと説明している。

Upbitでは暗号通貨の入出金が再開されるまでは少なくとも2週間以上かかると顧客に説明している。

取引所カテゴリの最新記事