野村HDなどが設立カストディ企業がライセンス取得

野村HDなどが設立カストディ企業がライセンス取得

野村ホールディングス株式会社とLedger、Global Advisors Holdings Limitedが共同設立した暗号通貨カストディ企業「Komainu」が、英領ジャージー島にてカストディと委託事業者のライセンスを取得した。ニュースメディア「Financial News」などが報じている。カストディサービスの提供に向け一歩前進した格好だ。

報道によれば、ジャージー島の金融サービス委員会から、カストディアンと預託事業者のライセンスを取得した。金融サービス委員会のホームページでは、”Komainu (Jersey) Limited”という企業が、カストディアンと預託事業者のライセンスを取得していることを確認できる。

野村HDは昨年のKomainu設立時のリリースで、「デジタルアセット市場の急激な成長を背景に、機関投資家らがデジタルアセットへの投資を検討しているが、安全で法規制に準拠したカストディ・サービスが不足していることが参入の妨げになっている」と指摘していた。

ニュースカテゴリの最新記事