シンガポール、暗号通貨デリバティブを解禁

シンガポール、暗号通貨デリバティブを解禁

シンガポールの金融通貨庁(MAS)が、ライセンスを有するデリバティブ取引所で、暗号通貨のデリバティブ取引を解禁する規制案を発表した。

証券先物法のデリバティブ規制対象に暗号通貨を組み込むことで、シンガポール取引所(SGX)やその他の認可取引所で暗号通貨のデリバティブ取引が可能になる。

MASの発表によれば、ビットコインやイーサリアムなどの「ペイメントトークン」のデリバティブが対象となる。規制案を公表しており、12月20日までパブリックコメントを求める。

MASは、ビットコインなどの暗号通貨デリバティブに関して、ヘッジファンドや資産運用会社からの関心が高まっていることに言及。MASの規制監督のもとで、規制された商品を提供する考えだ。

ニュースカテゴリの最新記事