ETH大型アップグレードの実装日 12月4日の週に決定

ETH大型アップグレードの実装日 12月4日の週に決定

イーサリアムの次期大型アップグレード「イスタンブール」のメインネットでの起動について、12月4日の週を目標にすることが分かった。

10月25日のコア開発者ミーティングで決定がなされ、その後開発者チャットルームで、ブロックチェーンプロトコルエンジニアのDanno Ferrin氏が、日付に従ってブロック番号を計算して提案した。現在、ブロック番号9,056,000におけるメインネットアクティブ化が予定されている。

また予期せぬ問題が発生した場合は、メインネット起動は一カ月延期され、1月8日を目標日とすることでも合意がなされた。もう一度新しいクライアントを作り、全員がそのクライアントをインストールする必要があるためであり、そのためには少なくとも4週間が必要だと見積もられたかたちだ。

前回の大型アップグレード「コンスタンティノープル」の際にも、起動48時間前に重大な脆弱性が発見されたたため、開発者達はアップグレードを一カ月遅らせたことがある。

暗号通貨カテゴリの最新記事