Apple PayとGoogle Payで暗号通貨ビットコインを手軽に購入、Wyreが新機能を発表

Apple PayとGoogle Payで暗号通貨ビットコインを手軽に購入、Wyreが新機能を発表

暗号通貨業界の「Stripe」と称される決済スタートアップ企業のWyre社は現地時間15日、暗号通貨の購入を容易にする新たな決済機能の発表を行なった。

この機能を利用することで、Apple PayやGoogle Payを介して暗号通貨を購入することも可能になり、暗号通貨のウォレットや取引所を開設し、銀行口座を繋げることよりも利便性が高いという。

対応通貨はビットコイン、イーサリアム、DAI、USDコインの4種類。

ユーザーはiPhoneやブラウザーで決済方法を選択、購入したい暗号通貨の数とアドレス数を入力するだけで、暗号通貨の購入ができるようになる。全プロセスで約1分ほどで完了するという。

Wyreによると、通常のクレジットカード決済のように2.9%+3円ほどの手数料がかかるが、同社の機能では年内1%に抑えることを予定している。

決済業界のアナリストはTheBlockに対して、Wyreの決済機能は既存のiPhoneやアンドロイドユーザーをターゲットに法定通貨の決済を提供しようとしているとコメントした。(フィアットを介した暗号通貨の購入)

データによると、全iPhoneのユーザーの4割は、Apple Payの口座を開設しており、Wyreの新機能は暗号通貨の入手方法をより一般化できる可能性が高いと見込んでいる。

暗号通貨カテゴリの最新記事