米PayPal、リブラプロジェクトから正式脱退

米PayPal、リブラプロジェクトから正式脱退

米決済大手PayPal(ペイパル)はフェイスブック社のリブラプロジェクトから脱退する意向を固めた。PayPalはリブラの創設グループの中から脱退する初めてのメンバーとなった。

PayPalの広報担当者からThe Blockに送られた声明によると、同社は「リブラプロジェクトへの今後の参加を控える決定を下した」とのことだ。一方で同社はリブラの使命を支持し続け、PayPalとリブラの2社が今後どのように協働できるかを模索し続けると付け加えた。

PayPalから寄せられた声明によると、「我々はリブラを支持し続け、将来どのように協働するか対話を継続していくことを楽しみにしている。フェイスブック社はPayPalの長年にわたる価値ある戦略的パートナーであり、今後もさまざまな場面でフェイスブックと提携し、サポートしていくつもりだ。」とのことだ。

木曜日には、PayPalがリブラ協会の28の創立メンバーのうち、ワシントンでの主要な会議に出席しなかった唯一の会社であることが報じられていた。この会議では、リブラが世界の規制当局からの圧力にどう対処していくか議論が交わされたという。

また米ウォールストリートジャーナルによれば、VISAとマスターカードもリブラ参加について「再考」している状況だ。

ニュースカテゴリの最新記事