「暗号通貨ビットコインは2020年に9万ドル」ドイツ州営銀行が予想

「暗号通貨ビットコインは2020年に9万ドル」ドイツ州営銀行が予想

ドイツの州営銀行「BayernLB」が公表した最新のレポートで、ビットコイン(BTC)価格の大躍進を試算した。現在の市場価格には来年半減期が織り込まれていない理由と、その重要性を金の適正価格算出メカニズムを用いて解説した。

ゴールド(金)の価格では、流通量と採掘量から適正価格を算出する「stock-to-flow比率」が市場に意識されているが、ビットコインにも適用できるメカニズムであると指摘した。

「stock-to-flow比率」は、流通量と採掘量の割合で算出する適正価格の要素の1つで、比率が高ければ適正価格も高くなる。ビットコインとゴールドなどの貴金属は、限られた量しか採掘できないことから、同じようなメカニズムに適用するとBayernLB銀は考えており、ビットコインもゴールドと同様に、採掘による相乗効果を得られるとの見解を示した。

半減期は、この採掘量に直接的な影響を与える内容であり、BTCのstock-to-flow比率を押し上げる要因と見ている。

また、半減期のメカニズムは、金の採掘システムとは異なり、市場採掘量の減少が明確化されている事にも注目で、市場に織り込むことができる要素と見る一つの理由でもある。

BayernLB銀は、2020年5月に予定する半減期を踏まえた上で、将来の価格を試算。「仮に5月のBTCのstock-to-flow比率を価格モデルに取り入れれば、9万ドル(約1000万円)の水準になるはずだ。つまり、現在の8,000ドル価格には報酬半減の要素を反映していない。」と説明している。

暗号通貨カテゴリの最新記事