ウクライナ政府、暗号通貨合法化を検討

ウクライナ政府、暗号通貨合法化を検討

ウクライナ政府が暗号通貨の合法化を検討している。ウクライナ地元紙のリーガメディアが報じた。

デジタル変革担当大臣のアレクサンダー・ボルニャコフ氏は、暗号通貨はウクライナでは禁止していないが公式の地位を有していないと強調。暗号通貨を合法化することで、「グレーゾーン」からの脱出を図り税収を増やす方針を話した。

ウクライナ政府は昨年6月、暗号通貨のマイニングを規制する計画はないと発表していた。また今年6月には、デジタル先進国のエストニアを訪問。ウクライナが目指す「スマホの中の政府」についてブロックチェーン技術の導入を先導するエストニア政府と協力する方針を示した。

ニュースカテゴリの最新記事