中国人民銀行のデジタル通貨、発行準備整う

中国人民銀行のデジタル通貨、発行準備整う

中国の中央銀行が独自のデジタル通貨(暗号通貨ではない可能性が高い)をローンチする準備が整い、大手企業7社が活用に動くことがわかった。米フォーブス誌の報道で明らかになった。

名前が挙がる7社には、アリババ、テンセントの巨大IT企業2社や、中国の電子決済システムを運営するUnion Payなどが名を連ねる。上記3社に加え、メガバンクの中国工商銀行と中国銀行も同通貨を受け取る最初の機関となる予定だという。

これら7社は「デジタル通貨を13億人の中国市民や、人民元を用いたビジネスを行なっている人々に普及させる」役割を担う。さらに、中国の中央銀行は「通貨が最終的に米国の消費者にまで利用可能になることを望んでいる」とのことだ。

中国で最も買い物がされる日である11月11日の「独身の日」に発行される可能性が高い。

ニュースカテゴリの最新記事