イーサリアム利用のDAppsにビットコインのライトニング導入へ

イーサリアム利用のDAppsにビットコインのライトニング導入へ

ブロックチェーン・ゲームを開発する企業「Blockade Games」が、イーサリアムのスマートコントラクトのインターフェースにライトニングネットワークを利用するという新たな試みに取り組んでいる。

Blockade Games社の開発チームは、スマートコントラクト上でのゲーム内アイテムの決済方法の模索を行なっているという。そうした中で、同社はビットコインのライトニングネートワークの導入を考えているという。

ブロックチェーン・ゲームや(非代替性トークンなどの)非代替性資産にとって、イーサリアムは将来にわたり必要不可欠なものであるとした上で、将来の通貨としてはビットコインがその地位を占めるとの予測を示した。

イーサリアムの考案者であり設立者のVitalik Buterin氏も、このプロジェクトに言及し、イーサリアムとビットコインの両方を利用したアプリケーションとしてツイッター上で紹介を行なっている。

ただ一方で、Blockade Games社の公表文に記載されていた「ビットコインが将来の通貨となる」という点には賛成せず、「将来の暗号通貨はより複雑で多様なものになる」と反論を行った。

暗号通貨カテゴリの最新記事