送金大国フィリピンの銀行が独自暗号通貨を発行

送金大国フィリピンの銀行が独自暗号通貨を発行

フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行したことが、地元メディアの報道で明らかになった。

ブロックチェーンを活用した取引を行うのは、フィリピンの銀行では初めてだという。PHXは同国の法定通貨ペソにペッグされ、UnionBankの予備金で価値の裏付けがされる。同行は、金融のデジタル化を支持するフィリピン中央銀行からサポートを受け、同国政府とも連携をとっている。

UnionBankのトップArvie de Vera氏は、「PHXは価値の保存や取引に利用できる。また、トークンとしても活用して欲しい」と説明。支払いの透明性を高めることができ、支払いの自動執行も可能だと特長を語った。

すでに地元3社の銀行で取引の成功は確認済みだ。PHXの購入や送金、買い戻しや銀行間での国内送金が実験済みである。

PHXのプラットフォームには管理機能がもともと備わっているため、安心して利用ができる。過去のシステムとの互換性にも優れ、監査やコンプライアンスの機能が簡素化されていることも特長だ。

現時点では、同行の口座にある預金からお金を引き落とすことで、PHXを購入することができる。ペソとの交換も容易にできるようになっているという。

今後PHXは、互換性の高さを活かし、様々なプラットフォームやウォレットをまたいで、フィリピンだけでなく国際的に普及させることを目標にしている。UnionBankはシンガポールの銀行と協力し、シンガポールからフィリピンへの送金に最近成功した。

暗号通貨カテゴリの最新記事