トランプ大統領、暗号通貨に反対を表明。ビットコインやリブラを一蹴

トランプ大統領、暗号通貨に反対を表明。ビットコインやリブラを一蹴

米トランプ大統領は11日、暗号通貨ビットコイン(BTC)とフェイスブック主導の暗号通貨リブラに対して、Twitter上で初めて言及した。規制面の問題や、違法行為を助長する恐れがあるとして懸念を表明、米ドルだけが”本物の通貨”だとした。

一連のツイートは、暗号通貨に対する批判の語気を強めるものとなっており、内容については次の通りだ。

私はビットコインなど暗号通貨の支持者ではない。お金ではなく価格が不安定な上、資産価値の裏付けも無いに等しい。

規制の整っていない暗号資産は、麻薬取引や非合法取引など、反社会的活動を助長する可能性がある。

また、米Facebookのリブラについては、次のように指摘した。

フェイスブックのリブラも立場と信頼性に欠ける。フェイスブックや他の企業が銀行の役割を果たそうとしているのであれば、(厳格な規制基準の敷かれた)銀行同様の規制対象となるべきだ。

米国には、唯一無二の通貨がある。世界中どこでも通用するものであり、最も信頼性が高く、最も支配的な地位が今後も続くだろう。その通貨の名は、「米ドル」だ。

突如、トランプ大統領が暗号通貨に対する見解を表明した理由はわからない。来週16日と17日に行われる米国議会でのリブラに関する公聴会を見据えた発言かもしれない。

暗号通貨カテゴリの最新記事