「米議会がイランの暗号通貨マイニングへのアクセス制限を検討」イラン高官が発言

「米議会がイランの暗号通貨マイニングへのアクセス制限を検討」イラン高官が発言

米国による経済制裁を受けている中東イランの産業省副長官は、米国がイランの暗号通貨マイニングを妨害しようとしていると主張した。

イランの地元メディアAl-Farsによると、イランの産業省副長官Saeed Zarandi氏は、暗号通貨を経済制裁の回避方法と資金洗浄のツールとみなす米国議会が難色を示したとしている。

背景には、米トランプ政権は、2015年に結ばれた「核合意」から一方的に離脱したイランの動きや、先日の米無人偵察機撃墜事件などを背景に新たな経済制裁を課している点があり、これに対してイラン側は新たな経済回避手段を講じている。

以前にも米制裁の影響を受け、独自の暗号通貨を発行する計画が示唆されたイランだが、昨年米FinCENに、暗号通貨を利用し米ドルへのアクセス制限を緩和していた疑いで指摘された。

Zarandi氏は、今回の米国会の試みに対応するために中央銀行と対策を検討しているところだと語った。

暗号通貨カテゴリの最新記事