アマゾンでイーサリアム決済が可能に

アマゾンでイーサリアム決済が可能に

大手ネットショッピングサイトのアマゾンでの暗号通貨イーサリアム決済を可能にするブラウザ拡張機能を、暗号通貨決済企業のCLIC社とOpporty社が連携して開発に着手していることがわかった。

通常イーサリアムのネットワークでは1秒間のトランザクション処理数はおよそ20だが、アマゾンのHP平均では300となっており、暗号通貨が実際に決済で活用される際のネックとなる部分とされている。

そこで暗号通貨決済企業のCLIC社はブロックチェーン企業のOpporty社と提携、ビットコインのライトニングネットワークに対応する形で、ヴィタリック・ブーテリン氏が以前提案した「Plasma Cash」技術を導入した。これにより決済スピードの向上に手応えを表しており、公式プレスリリースでは既存の大手クレジットカード企業ビザやマスターカードに匹敵する決済速度を持つと両社の関係者は語った。

また、現在はERC-20トークンやERC-721などのイーサリアム規格に基づく支払いプラットフォームを開発していると明らかにした。

アマゾン自体は暗号通貨の支払いを認めていないが、今年4月にも暗号通貨決済のムーン社がライトニングネットワークを使って、米国内で暗号通貨決済システムを構築したと発表している。

暗号通貨カテゴリの最新記事