暗号通貨トロンのジャスティン・サン、ウォーレン・バフェットとランチの権利を獲得

暗号通貨トロンのジャスティン・サン、ウォーレン・バフェットとランチの権利を獲得

世界的な有名投資家で大手持株企業バークシャーハサウェイ社のCEOであるウォーレン・バフェット氏が暗号通貨トロンの創設者であるジャスティン・サン氏と会食を行うことが慈善オークションの結果、発表された。暗号通貨業界の最前線に立っているサン氏が暗号通貨に対して度々否定的なコメントを示してきたバフェット氏の考えを変えることができるか、注目が集まる。

バフェット氏は過去20年間、自身と会食を行う権利をオークションして、落札額を全て米国サンフランシスコの非営利団体GLIDE財団に寄付する活動を続けてきた。このオークションを通してこれまで総額32億円を寄付してきたが、今回トロン財団の創設者であるサン氏は歴代最高の落札額(約5億円)でバフェット氏と会食する権利を得た。

なおバフェット氏との会食オークションは毎年25000ドル(約270万円)でスタートしているが、今年の落札額4,567,888ドルは過去最高額に到達している。

サン氏はバフェット氏と会食する際、最大7人まで会食に同席することができる。現在、暗号通貨コミュニティからの提案を求めながら暗号通貨界隈の著名人を招待することを検討していることを明らかにした。

バフェット氏はこれまでビットコインを「殺鼠剤の2乗」や本質的な価値がない「妄想」などと評するなど、暗号通貨に対して厳しい見解で有名だ。その一方で、暗号通貨の根本となるブロックチェーン技術に関しては重要視する姿勢を示している。

また先月にも改めてビットコインを「ギャンブルのような仕掛け」と述べていたことから、同氏の意見は変化していないと言えるだろう。

ニュースカテゴリの最新記事