JPモルガン、暗号通貨イーサリアム基盤の独自プラットフォーム「Quorum」で匿名取引機能を強化

JPモルガン、暗号通貨イーサリアム基盤の独自プラットフォーム「Quorum」で匿名取引機能を強化

米最大手銀行JPモルガン・チェースはイーサリアムベースのブロックチェーン・スマートコントラクトに対応する匿名関連機能の開発を完成させ、発表した。

同銀行は、イーサリアムベースのプラットフォームにおける送金に対応する匿名機能「Zether protocol」における「エクステンション」機能をGithub上で公開した。なお、Coindeskの独占取材によると、この匿名機能をJPモルガンの独自ブロックチェーン【Quorum】にも実装する可能性が高い。

Zether protocolとは、スタンフォード大学とVisa社で共同開発したイーサリアムブロクッチェーンに対応する匿名機能であり、暗号通貨Zcashが利用する「ゼロ知識証明」といったメカニズムが応用されている。この新たなエクステンションにより、送金先とその送金額も明かされないという面が改善される。

Coindeskの取材に応じたJPモルガンの暗号通貨部門担当者Oli Harris氏は、「基本のZether機能は、送金額と送金アドレスなどの口座情報は隠されるが、送金者の身元は明かされる。我々の開発したエクステンションの実装では、それを明かさぬこともできる。」と説明した。

JPモルガンにおける暗号通貨関連事業は今年に入って特に賑わっている。

先日同銀行ネットワーク内で利用される予定の米ドルステーブルコイン「JPMコイン」を発表した。なお今月、JPモルガンは「Quorum」のさらなる普及を目指し、技術的提携先であるマイクロソフトの支援のもとで、匿名機能を含めた大型アップグレードを行なった。

また、すでに200以上の銀行がQuorumのインターバンクネットワークに参加している。ウォール街の巨頭としてJPモルガンは暗号通貨・ブロックチェーン分野で率先しており、匿名機能や送金目的の暗号通貨に関する事業の進捗は、暗号通貨業界でも非常に注目されている。

ニュースカテゴリの最新記事