暗号通貨取引所バイナンスでハッキング被害

暗号通貨取引所バイナンスでハッキング被害

世界最大の暗号通貨取引所バイナンスは7日、ハッキングによる「大規模なセキュリティー侵害」によって7000BTCが引き出されたと発表した。

バイナンスによると、ハッカーたちは複数のユーザーのAPIキーなどの情報を盗み、フィッシングやウイルス攻撃など様々な技術を駆使したという。1回の取引で、7000BTCの引き出しに成功したという。

バイナンスはSAFUファンド(Secure Asset Fund for Users)の資金を利用して顧客資産を返済するため、ユーザー資産への影響はないとしている。盗難された7000BTCは取引所の保有するBTCの2%に留まるとのこと。

ただしハッキングの原因究明のため、約1週間ほどのセキュリティーレビューが行われ、この間ユーザーの入出金は一時停止される模様だ。

取引所カテゴリの最新記事