イーサリアム、PoS導入した際の報酬一覧を発表

イーサリアム、PoS導入した際の報酬一覧を発表

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、新たなコンセンサスアルゴリズムであるプルーフオブステーク(Proof of Stake, 略称PoS)を導入した際の報酬についてGithub上で提案した。

PoSは、コインの保有量(ステーク)の大小により、取引ブロックの承認の割合を決めることが基本となっているアルゴリズムだ。ブテリン氏の提案では、例えば、100万イーサがステークされた場合、最大18万1019のイーサが毎年新たに発行され、最大18.1%のリターンが見込める。

ステークされる量の上限は1億3421万7728。最大発行量は209万7152、リターンは1.56%となっている。もし3200万イーサがステークされたら、イーサリアムのインンフレ率はビットコインの3.94%に近づくことになるという。

現在時価総額2位のイーサリアム(ETH)は、PoSへの移行に向けて動き出している。また、PoSを採用する暗号通貨も増加傾向にある。ブテリン氏は以前、PoSとシャーディングでブロックチェーンの効率は1000倍上昇すると述べていた。

暗号通貨カテゴリの最新記事