韓国通信会社KT、ブロックチェーン基盤の5G「ギガチェーン」を発表

韓国通信会社KT、ブロックチェーン基盤の5G「ギガチェーン」を発表

韓国最大の通信会社KTは、ブロックチェーン基盤にした第5世代移動通信システム(5G)「ギガチェーン(GiGA Chain)」を発表した。同国ニュース、コリアタイムズが4月16日に報じた。

ギガチェーンは、あらゆるモノをインターネットで繋ぐIoT(Internet of Things)デバイスのセキュリティを強化とサイバー攻撃からの保護を目的としているとされ、接続されたデバイスのIPアドレスを隠してハッキングなどを防止するギガステルス(GiGA Stealth)技術が採用されている。報道によると、IPアドレスがハッカーには見えない仕様にすることが可能なのだという。

KTのフューチャープラットフォームビジネスグループのリー・ドンミョン社長は、5G世代のIoTデバイスはハッキングに対する脆弱性が増すリスクがあるなか、ブロックチェーン技術でサイバーセキュリティ対策の確実性を改善すると決めた、と述べている。ハッキング攻撃全体の99%がIoTデバイスへの攻撃だともしている。

ニュースカテゴリの最新記事