暗号通貨取引所「SBIVC」がビットコインキャッシュ(BCH)を取扱い廃止

暗号通貨取引所「SBIVC」がビットコインキャッシュ(BCH)を取扱い廃止

国内暗号通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ SBIVC」は16日、ビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いの廃止を決定した。

SBIVCの公式発表によると、具体的な廃止スケジュールの詳細は4月下旬に予定、予定廃止日時は6月下旬を予定している。

なお、上場廃止の理由としては、「BCHの時価総額が大幅に減少」や「ブロックチェーンの安全性に疑義が生じていると判断」、「ハードフォークが行われ、価格が大きく下落する可能性を完全には否定できない」が挙げられた。

SBIホールディングスの北尾吉孝社長は今年2月、昨年11月に起きたビットコインキャッシュのハードフォークについて「くだらないスプリット」をしたと批判。「ビットコインキャッシュ推しだったのに」という心情を吐露していた。

一方、ビットコインキャッシュのハードフォークで誕生したビットコインSVに関しては、バイナンスやシェイプシフトが上場廃止を決定。ビットコイン創設者サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト氏が、ビットコインコミュニティーのメンバーに対して訴訟をチラつかせたことが直接のきっかけになった。

暗号通貨カテゴリの最新記事