6月のG20暗号通貨によるマネロン対策などの規制で合意

6月のG20暗号通貨によるマネロン対策などの規制で合意

20カ国・地域(G20)が6月に福岡で開く財務相・中央銀行総裁会議で、暗号通貨によるマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与対策のための新たな規制で合意することになった。4日に共同通信が報じた。

記事によると、6月のG20では「取引時の本人確認の厳格化などで足並みをそろえ、資産の流れを透明にすること」が軸となる。

昨年12月にアルゼンチンで開かれていたG20では、暗号通貨を用いたマネロンなどの規制は「金融活動作業部会(FATF)に則ったやり方で進める」という方針を打ち出した。

ニュースカテゴリの最新記事