日本IBM、製薬企業や医療団体と連携しブロックチェーン技術の活用を推進

日本IBM、製薬企業や医療団体と連携しブロックチェーン技術の活用を推進

日本IBMは28日、医薬品などのサプライチェーンや医療データ交換などに関するブロックチェーン技術活用に向けたプラットフォームの構築を行うことを発表した。医療・製薬業界における安全、効率的、かつ規模の拡大に対応できる情報交換の仕組みの構築を目標に、製薬企業や医療団体など20の企業や団体が参加する。実証実験も2019年内に実施することも目指す。

探索などの初期段階で留まるものではなく、業界横断的な課題の解決や新たなビジネスモデル構築を推進する実用的な実証実験に取り組む意向を示した。本格的なブロックチェーン活用を念頭に実験を行うという。

参加企業には、武田薬品工業や、アステラス製薬、第一三共など製薬会社大手企業がリスト入りしており、大規模な取り組みであることが見て取れる。

医療・製薬業界では、医療関連データ管理におけるセキュリティ向上や医薬品のサプライチェーン、電子カルテや診断データなどの医療情報の管理といった観点でブロックチェーン技術の適用に対する注目度が高まっている。ブロックチェーン技術の活用により、信頼性の高いデータに対して素早く安全にアクセスできるようになって、個々の患者の利便性の向上、偽造医薬品の低減、より効果的な研究開発の促進、新たなビジネスモデルの推進が可能になる。

ニュースカテゴリの最新記事