テンダーミントが米ベインキャピタル等から900万ドル調達

テンダーミントが米ベインキャピタル等から900万ドル調達

 テクノロジー企業に特化したベンチャーキャピタルのパラダイムが主導して、ブロックチェーンに互換性を持たせるプロジェクトであるテンダーミントは、シリーズAで900万ドルの資金調達を行った。

 14日、テンダーミントの公表によれば、ベインキャピタルや暗号通貨ファンドのワンコンファメーションなども今回の資金調達に参加している。この資金調達により、テンダーミントのコスモス・ネットワークの継続的な開発やチーム拡大、「持続可能な」ビジネスモデルの構築を行う。

 資金調達の公表の1日前に、テンダーミントはコスモス・ハブという他のブロックチェーンとの間に互換性を持つように設計されたブロックチェーンを3年近くの開発時期を経てリリースした。コスモス・ハブはテンダーミントでは初めてとなるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)方式のブロックチェーンだ。

 テンダーミントCEO(最高経営責任者)兼コスモスの関係者であるジャー・クォン氏は14日の公表は、「ブロックチェーンテクノロジーはスケーラビリティやユーザビリティ、ガバナンスなどに問題を抱えているが、信じられないイノベーションだ」と述べ、「コスモスの目指すところは、これらの制約を乗り越え、イノベーションの障壁を壊し、究極的にはインターネット・オブ・ブロックチェーン(IoB)、つまり非中央集権的で、独立し、スケーラビリティがあり、互換性があるブロックチェーンをつくることだ」と付け加えた。

ニュースカテゴリの最新記事