スイス証券取引所、イーサリアム連動のETPを立ち上げ

スイス証券取引所、イーサリアム連動のETPを立ち上げ

スイスの大手証券取引所であるSIX Exchangeが米時間5日、イーサリアムに連動するETP商品の取り扱い開始を発表した。

ETPは、上場投資信託(ETF)、上場投資証券(ETN)など、取引所に上場している特定の指標の値動きに連動することを目指す商品。

SIXは、昨年11月、スイスのスタートアップAmun AG社の支援を受け、世界で初めて複数の暗号通貨に連動するETPを発表。ティッカーは「HODL」で、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の5つの暗号通貨と連動する。

今回取引開始となったのは、個別銘柄であるイーサリアムに連動するETP。ティッカーはAETHで、今回もAmun AG社が支援をしている。1週間前にはビットコイン連動のETP(ABTC)が立ち上がっていた。

SIXは、分散型台帳技術(DLT)を使ったデジタル資産のエコシステムである「シックスデジタル取引所(SDX)」を今年の中頃にも立ち上げる予定だ。

暗号通貨カテゴリの最新記事