ソフトバンク、ブロックチェーンを使ったモバイル決済の試験完了

ソフトバンク、ブロックチェーンを使ったモバイル決済の試験完了

ブロックチェーン技術開発を手がける米TBCASoftが、同社のブロックチェーンプラットフォーム上で、台湾の通信事業者Far EasToneと通信大手ソフトバンクがモバイル決済の実地実験に成功したことをプレスリリースで公表した。

今回の実地試験に関わっている企業は、それぞれ、次世代のブロックチェーンプラットフォームとエコシステムの構築を目的としたコンソーシアム「The Carrier Blockchain Study Group(CBSG)」に加入している。

なお、同コンソーシアムには、台湾拠点のAsia Pacific Telecom(APT)やUAE拠点のdu、南アフリカ拠点のMTNが新たに加入。世界中の通信事業者が参加するコンソーシアムとなっている。

今回の実地試験で利用されたTBCASoftのブロックチェーンプラットフォームは「Cross-Carrier Payment System(CCPS)」とよばれるもので、クロスキャリアかつクロスボーダーなモバイル決済を可能にする。

ソフトバンクのモバイルユーザーがFar EasToneのネットワークを利用して台湾国内の小売店でモバイルウォレットで商品を購入。また、Far EasToneのユーザーは、ソフトバンクのネットワークを利用して日本国内で商品を購入。ブロックチェーンを利用した国際間でのクロスキャリアな決済に成功した格好となった。

ニュースカテゴリの最新記事