Bitmain 最新ASICマイニングチップを発表

Bitmain 最新ASICマイニングチップを発表

Bitmainが、ビットコインやビットコインキャッシュのマイニングに利用される7ナノASICチップ「BM1397」の発表を行なった。28.6%の電力消費削減を実現、パフォーマンスを向上させた。

大手マイニング企業のBitmainは米国時間18日、SHA256マイニングに利用される次世代型7ナノASICチップ「BM1397」の発表をプレスリリースを通して行なった。

同チップは、SHA256のハッシュ関数でマイニングが可能なビットコインやビットコインキャッシュのマイニング機器で用いられるもので、チップの小型化だけでなく、消費電力も大幅に抑えた上で、高いパフォーマンスを発揮する。

プレスリリースによると、Bitmainのエンジニアチームが、アーキテクチャや電力回路の設計を最適化したことにより、消費電力はこれまで利用されていた「BM1391」の7ナノチップと比較し、28.6%の消費電力を抑える事に成功したという。

同チップは、年内に発表、販売が行われるS17とT17 ASICマシンに搭載が予定されている。

製品情報カテゴリの最新記事