米大手銀行JPモルガンが独自暗号通貨を発行

米大手銀行JPモルガンが独自暗号通貨を発行

米国の大手銀行JPモルガンが独自のデジタルコインを開発したと14日付のCNBCが報じた。米銀行が独自の暗号通貨を作るのは初めて。

記事によると、JPモルガンの独自コインの名前は「JPMコイン」。企業間の決済で1日平均6兆ドル(約660億円)の取引量を誇るJPモルガンだが、JPMコインはその「ほんの一部」で使われることになるそうです。

JPMコインは、ステーブルコインに似た特徴を持っているという。記事によると、顧客は、銀行に米ドルを預金した後にコインを発行してもらう。そして顧客が支払いなどでコインを使った後、銀行がコインを破壊し、同等額の米ドルを顧客に戻すことになるという。

ニュースカテゴリの最新記事