博報堂、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービスを発表

博報堂、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービスを発表

博報堂によるブロックチェーン技術を利用したマーケティングソリューション開発プロジェクト『HAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーンイニシアティブ)』はリアルタイムでトークン化されたデジタルアセットを配信するサービス『TokenCastMedia』を開発したことを発表した。

TokenCastMediaの第一弾プロダクトとして、ラジオを聴くことでDAppsゲーム内のアイテムが獲得できるスキーム『TokenCastRadio』の試験放送を、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社毎日放送、トークンポケット株式会社、株式会社フランジア、エヴィクサー株式会社と共同で3月に実施することが決定している。

TokenCastRadioを通じて配信された番組は、通常のラジオ番組のように情報を受け取ることができる他に、トークンアセットのような価値を受け取ることができるようになる。

TokenCastMediaは、デジタルアセットの所有権を安全かつ迅速に移転できるブロックチェーン技術の特徴を応用し、トークンとして実装されたデジタルアセットの情報を埋め込んだ透かし音を放送してスマートフォンの専用アプリで検出することで、リアルタイムで番組を視聴している生活者だけがデジタルアセットを受け取ることができる仕組みだ。

3月に実施される試験放送では、毎日放送のラジオ番組「オレたちやってマンデー(毎週月曜日深夜0時~放送)」内で透かし音として放送。リスナーは、エヴィクサーの音声認識技術が組み込まれた、トークンポケットのDAppsブラウザアプリ『tokenPocket(トークンポケット)』を使い、放送中にゲームのキャラクターやアイテムを受け取ることができる。

ニュースカテゴリの最新記事