SWIFT 分散型台帳技術R3と提携発表

SWIFT 分散型台帳技術R3と提携発表

大手国際送金システム企業SWIFTのCEOは「Paris Fintech Forum」にて、自社開発の新たな決済システムGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)に、米ブロックチェーンフィンテック企業R3の「Corda Settler」を統合することを明かした。

SWIFTのGPがR3のオープンソースブロックチェーンプラットフォーム『Corda』との統合となり、Cordaネットワークを利用する企業は、『GPI Link』というゲートウェイを通じてペイメントの権限を与え、その決済を可能にすることができるという。

このGPI Linkを利用することによって、銀行間のクロスボーダー決済のスピードを上げるほか、リアルタイムで取引を追跡できるようになる。

ニュースカテゴリの最新記事