日本政府、Crypto Garage社を「規制のサンドボックス制度」対象に認定

日本政府、Crypto Garage社を「規制のサンドボックス制度」対象に認定

日本政府は18日、「新技術等実証制度」(規制のサンドボックス制度)の対象として暗号通貨の新たな決済システムを開発したCrypto Garage社を認定したことを発表した。日経新聞の報道で明らかになった。

同制度の認定は三度目であり、フィンテック関連事業においては初の事例となる。

今回対象となった技術については、暗号通貨と現金の決済を即時に信頼性を保って行うシステムであるという。

暗号通貨市場では現在、交換業者同士は互いの信用に基づいて暗号通貨と現金を交換しています。
しかし、ここでの問題点は信頼性の確保や確実性といったもの。
「互いの信用に基づかず」「トラストレスでも成立可能なシステム」がブロックチェーンなわけですが、現実の交換業者同士の資金のやりとりは、従前どおり「信頼」が基盤となっています。

内閣官房は、そのような課題が決済速度の低下や、交換業者への不安感による仮想通貨取引の沈滞の要因になっているとみているようです。
今回、規制のサンドボックス制度を同社に適用することで、その問題の解決がなされる可能性が高まります。

暗号通貨カテゴリの最新記事