イーサリアムクラシックが51%攻撃受け、5千万円弱の被害

イーサリアムクラシックが51%攻撃受け、5千万円弱の被害

米大手暗号通貨Coinbaseは8日、暗号通貨イーサリアム・クラシック(ETC)のブロックチェーン上で、ダブル・スペンド(51%攻撃)を含む【Reorganization(再編成)】行為を(2019/1/5)発見したと報道した。合わせて8万8500ETC(約4800万円)の二重支払いが発生したと伝えた。ただ、Coinbaseは「標的とはなっておらず、資金の消失はない」としている。

同社は、「現在進行中で発生しており、顧客の資金を保護するため、入出金を停止している」とプラットフォームの対応方針もあわせて発表している。

同日にはマイングプールにイーサチェーンが「イーサリアム・クラシック(ETC)に対する51%攻撃が成功した」と主張していた。

暗号通貨カテゴリの最新記事