暗号通貨取引所バイナンス、西日本豪雨被災地支援の寄付内容を公開

暗号通貨取引所バイナンス、西日本豪雨被災地支援の寄付内容を公開

暗号通貨取引所バイナンスが7月に発表した西日本豪雨被災地への募金活動の報告書を公開し、ERC20トークンで募った募金総額が約1.5億円であることを明かした。

バイナンスは7月に、豪雨の影響を受けた住民を支援するよう、個人や業界関係者に対し、暗号通貨で寄付するよう呼びかけた。発表によれば、バイナンスは様々な種類のERC20トークンで141万ドル(約1億5800万円)ほどを調達した。
その後バイナンスは、10月15日の時点で、暗号通貨ビットコインとイーサリアムの価値で63.03BTC と169.85ETHを現地の仲介業者に受け渡している。受け渡し時の価値で5670万円ほどになる。

取引所カテゴリの最新記事