「MUFG COIN」が「coin」に改名

「MUFG COIN」が「coin」に改名

三菱UFJ銀行は、開発中の暗号通貨「MUFG COIN」の名称を「coin(コイン)」に変更した。

「◯◯コイン」という名前の多い暗号通貨名と紛らわしいとの声もあるが、関係者によると、「MUFG COIN」はキャッシュレス決済手段にとどまらず、流通や交通系企業のポイントなど幅広い用途を想定しているため、MUFGの冠にこだわらず、ブランドカラーも赤色から白色に変更することで、他の金融機関など、幅広く使用してもらうのが狙いとみられる。

三菱UFJグループは、コンビニや飲食店での支払いのほか、割り勘など個人間の送金にも利用してもらい、決済がスムーズに行われるかどうかや、セキュリティ面で問題がないかなどを検証する予定だ。

あらゆるモノがネットにつながる”IoT(モノのインターネット)”の普及で、小口の資金決済が飛躍的に増える未来を見据え、ブロックチェーン技術を応用、処理量を従来のカード決済システムの10倍超となる毎秒100万件以上の「高速決済システム」を開発している。

2019年度にも、10万人規模の大規模実証実験を経て実用化を目指すほか、リップル社のシステムを使った国際送金の実証実験を開始、数年内の実用化を目指しているとされる。

ニュースカテゴリの最新記事