サムスン、ブロックチェーン活用で韓国税関と合意

サムスン、ブロックチェーン活用で韓国税関と合意

サムスンSDSは、韓国税関の通関システムにブロックチェーンを導入し、不正通関や文書偽造に対応する。

最近、韓国を代表する企業であるサムスン電子は、ビジネスでのブロックチェーンの活用を積極的に進めている。
サムスンSDSは、リアルタイムの大量取引処理、スマートコントラクト、管理、監視システムを備えたブロックチェーンプラットフォーム「ネックスレジャー」を金融、製造、物流、公共などさまざまな分野に適用している。

キム・ヒョンテ物流事業部長(副社長)は、「本事業の成功を糧に、物流ブロックチェーン分野でのリーダーシップをさらに強化して、国家物流競争力を高める」と述べた。

ニュースカテゴリの最新記事