バイナンスのCEO、IPOの噂を否定

バイナンスのCEO、IPOの噂を否定

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、複数のIPOを経験している知見の深いCFOを採用した。

現在Grindr(グラインダー)の副会長であるWei Zhou氏。
同氏は、15年以上にわたり経営幹部を務めてきている人物だ。

経済学および東アジア研究の学士号をハーバード大学から取得し、ゴールドマン・サックス香港子会社で投資銀行業務からキャリアを開始。
その後、テレビ広告会社チャーム・コミュニケーションズと人材採用プラットフォームZhaopin.comにてCFOを務め、それぞれをNASDAQ(ナスダック)とNYSE(ニューヨーク証券取引所)上場へ導いた。

今回のバイナンスによるIPOプロセスを熟知している人材の採用は、同社が実際にIPOを準備しているのではないかという多くの憶測を招いた。

しかし、同社CEOであるChangpeng Zhao氏は将来的なIPOについて完全に否定しないものの、現時点でそれを計画していることを否定している。

取引所カテゴリの最新記事