Google、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンデータセットの提供を開始

Google、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンデータセットの提供を開始

Googleは、ビッグデータ分析プラットフォームであるGoogle BigQueryにて、新しく暗号通貨イーサリアムのデータセットを公開することを発表した。同社は、2018年2月に暗号通貨ビットコインのデータセットも公開している。

同社は1日のブログ記事で、イーサリアムのビッグデータウィンドウを提供するという新しいサービスを目指すとしてこう述べています。

「このようなビジュアライゼーション(可視化)はビジネス上の意思決定に役立ちます。例えば、イーサリアムアーキテクチャー自体の改善に優先順位をつけるとか(システムが容量に逼迫していたり、システムアップグレードのため等)ウォレットのバランスシート調整など(素早くリバランスされているか)」

Googleがクラウドプラットフォームで構築したソフトウェアシステムは、以下のプロセスでデータを提供します。

・イーサリアムブロックチェーンをパリティ(Wallet and Dapp環境)に同期
・スマートコントラクトの結果を含む、日々のETH台帳からデータを引出
・日付分割データを非正規化してBigQueryに格納。簡単で費用対効果の高い活用

Googleによると、トランザクションステータスやウォレット残高の確認など一般的な機能のAPIは存在する一方、イーサリアムブロックチェーンに格納されているすべてのデータにアクセスすることは容易ではないと述べています。

暗号通貨カテゴリの最新記事