Wikipediaのブロックチェーン版、P2P百科事典がローンチ

Wikipediaのブロックチェーン版、P2P百科事典がローンチ

インターネット百科事典として有名なWikipediaの競合となると期待されている「Everipedia」がEOSブロックチェーン上で正式にローンチしたと報じられました。
Wikipediaは以前から誤った情報の掲載が問題とされることがありましたが、運営団体は非営利での運営を行っており、外部からの寄付資金に依存している側面もあるため、運営側がコンテンツのキュレーションを行うことはありません。そして、この点がオープンソースエコシステムの問題でもあるとされてきました。

こうしたWikipediaのモデルの課題に対し、正確な情報をキュレーションするユーザーに対してネイティブトークンであるIQトークンを利用してインセンティブを与えることで解決を図るべく、2014年に立ち上がったプロジェクトが「Everipedia」です。

Everipediaは、ウィキペディアのブロックチェーン版として、長らく仮想通貨コミュニティでは噂されていた。

製品情報カテゴリの最新記事