GMO熊谷代表「8月15日に取引所サービス開始を計画」

GMO熊谷代表「8月15日に取引所サービス開始を計画」

8月9日に開かれたGMOインターネットの2018年12月期中間決算説明会にて、熊谷正寿グループ代表がGMOコインで取引所サービスを今月8月15日に開始する予定である事を明らかにした。

熊谷氏は「仮想通貨事業と、(7月に発表した)ネット銀行事業の元年だ」と語り、グループ全体でこれらの事業を伸ばしていくと強調した。
マイニング事業と交換業とを合わせた仮想通貨事業2018年4~6月期の売上高は26.5億円。熊谷氏は「わずか1年で、ネット金融事業の3分の1、(23年前に始めた)ネットインフラ事業の10分の1の規模にまでなっている」とし、「仮想通貨事業がビジネスになるとの確信を深めた」と語る。

現在、GMOコインは販売所形式での交換事業を行なっているが取引所サービスはまだ展開していない。

取り扱い予定通貨は定かでありませんが、現在GMOコインでの取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)

取引所カテゴリの最新記事